激安パソコン

激安パソコンって大丈夫?激安パソコンの性能・アフターサービスや購入のしかた等を徹底レポート!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

激安ノートパソコン

激安ノートパソコンでは最も安いタイプで6万円台から販売されています。

性能的には
・CPUは安価な低性能タイプ
・光学ドライブはCD-ROMの読み込みのみ
・付属ソフトはほとんど無い
といった点が上げられます。

CPUは低性能とは言っても、高額なノートパソコンに搭載されているものに比べれば低性能というだけで、高性能なCPUを必要とする「3Dゲーム」や「動画編集」などを行わず、インターネットやメール、ワード、エクセル程度のソフトを使うならば気にする程では無いでしょう。

光学ドライブについては「CD-ROMの読み込みのみ」な激安ノートパソコンが多いですが、注文時に「CD-ROMの書き込み」が出来る「CD-R/RW」にパーツ変更できる場合もあります。

付属ソフトについてはSONYやNEC、富士通製のパソコンの様な豊富なソフトは付属しないのが普通です。
ワード・エクセルなどのOffice製品は別途購入してインストールするか、Office付属モデルがあれば最初からインストールされています。(当然、付属モデルはOfficeソフトの分だけ値段が高くなります)

「必要最低限のスペック・付属品」という印象がある激安ノートパソコンですが、
性能的には前述の様にインターネット・メールなどで使うのであれば問題ありませんし、
旧パソコンからの買い替えならば旧パソコンのソフトを利用できる場合が多いです。

逆に不要なソフトがインストールされていない分、システムが軽快に動く・安定しているという効果もあります。
フリーソフトでも有償ソフトに迫る高機能なソフトも多いです。
激安パソコン入門 | comments(11) | trackbacks(1)

激安パソコン

デスクトップパソコンなら3万円台、ノートパソコンなら6万円台から買える激安パソコンが販売されていますが、

激安パソコンを買いたいと思っていても、性能やアフターサービスなどの点で心配な方も多いかと思います。

かといって安く買いたいし・・・という方のために、激安パソコンの実際の事情をまとめました。

激安パソコンの購入時の参考などにしていただければと思います。
激安パソコン入門 | comments(0) | trackbacks(0)